いつの間にか令和

平成…終わっちゃいましたね。平成がどうだとか、特に意識したことはなかったですが、ラジオであと何時間で平成が終わるって何度も言われると少し昔のことを思い出したりします。学生の頃や社会人として働き始めたときに、どんなことを考えながら生活してたんだろうか、よく聞いていた音楽はなんだっけなー、なんて思ってみても深く考えずボーッとしていたら令和になってました。

こういう何かの節目は時間の流れを感じます。自分では昔のままだと思っていても皆平等に時間は過ぎていくわけで、10代の頃に思い描いていたダンディーなおじさんとはかけ離れた大人になったことは否定しません。その代わり、20代のころに思い描いていたおじさんには近づけている気がします。

令和になってもどうぞよろしくお願い致します。